合宿免許とは?

近年、自動車技術の発達に伴って、免許の重要性は日に日に増してきていると言ってもいいかもしれません。そのような中で、いかに効率よく免許を取得し、快適なドライブライフを送るのかということは、多くの人が気になっていることでしょう。そこでおすすめしたいのが、今回紹介する「合宿免許」です。そもそも合宿免許は、日本が好景気に沸いていた1970年代に誕生し、短期間で免許が取れること、確かな運転技術が身に付くことなどがウケて、若者を中心に爆発的にヒットしました。当時、いわゆる首都圏の運転教習所は常に満員の状態が続いていたようで、人を呼び込んで入校したとしても予約で埋まるなどあまり収容数に余裕がなかったのです。そのような中で、あまり多くの人が一気にあつまることのない地方の教習所がこのような現状に目をつけて、首都圏の教習所に通うことを考えていた人を呼び込んだのです。そのために、例えば旅館を手配したりとか、教習所自体を改修したりするなどして工夫を凝らし、快適な環境を整えていったために今の合宿免許をいうスタイルが残っているのです。今では合宿免許は各地の大学にもあっせんの手が及んでおり、学生食堂や売店などにも合宿免許の広告などがならんでいることも多いようですね。特に都内の大学などでは、合宿免許センターの相談員のような方が短期的に駐在していることも多いようで、広告に力を入れているのが分かります。合宿免許の基本的なスタイルとしては、数週間泊まり込みで、地方の合宿免許所に行って、一日中運転と学科の演習をお繰り返すというスタイルですが、教習所によっては食事が豪華であったり、観光のツアーが組まれているところもあるようで、魅力的だと言えそうです。