合宿免許のスケジュールについて

「最短で2週間ほどで免許が取れる」という大きなネームバリューがあるだけあって、合宿免許に参加中のスケジュールは、相当タイトなものになっていることが多いと言われています。インターネットでも「こんなにキツキツのスケジュールになっているとは思わなかった」「通学教習でのんびり通っているほうが自分には適していたのかも知れない」「友達と一緒に行ったが、二人そろって帰りはぐったりとなってしまった」などの感想や、口コミが見られるようですね。さて、具体的に一日の予定などを見ていくと、カリキュラムとして最も一般的なのは、「朝の9時前に教習が始まり、全ての過程が終わるのは6時頃」というのが最も通常で一般的な方式であるというようです。実際、この中で「学科教習」と「技能教習」を合わせて数週間にわたって受けていくことになるわけですが、授業が続けて入っているような時には、相当に気力や体力を使うかもしれません。そのため教習が終わった6時頃に遊ぼうとしても、疲れて体が動かず、宿舎に戻ったら寝てしまうという人も多いと聞いたことがあります。それでも、2週間の中で「毎日朝9時頃から夜の6時頃まで全てのコマが埋まっている」ということはなく、日によっては空き時間があったりすることもあるなど、割と自由に使える時間も多かったりするようです。せっかく免許のためとはいえ、観光地も多い地方都市へ行って免許合宿に来たのだから、その土地を観光したり、その土地ならではのものを味わったりする時間が欲しいと考えている人も多いのではないでしょうか?そのような人は、この空いているコマの時間を使って有効に足を延ばして観光をしてみるのもいいかもしれません。