合宿免許の注意点

インターネットなどでも頻繁に取り上げられることも多い問題としては、「規定通りの期間で教習カリキュラムが終わらず、延長していることになる」という問題であることは前述した通りですが、一般的には、免許を取得するための合宿が延長されると延長するための追加料金を請求されることになるようです。それでも、最近の合宿免許センターなどでは、そのような不測の事態を未然に防ぐために、追加の宿泊費用などを請求しないようにあらかじめ保証をつけてくれるような教習所も出てきたようですね。しかし、この制度にも、「○○歳以下」のように年齢制限があるようですから、あらかじめ確認をしておくと良いのではないでしょうか?結局のところ、真面目に取り組んでさえいれば、このような問題はまず起こりにくいので、ひとまず期間内でしっかりと学科の内容を理解し、教官のいうことを聞きながら運転のコツを感覚的にきちんと身につけていくことだけを考えているべきでしょう。運転教習とは言えども、スタイルの基本は高校や大学の授業、講義と変わりません。分からないことはどんどん質問して、疑問点をつぶしていくことが重要であり、解決した先には根拠ある知識を身に着けることが出来るわけですから、どんどん質問をしていきましょう。ちなみに、合宿スタイルの免許取得率は9割ほどにまで達しているところもあるらしく、取得率の高さは通学教習よりもはるかに高いようですから、あまり気後れせず運転免許の取得に向けて積極的な姿勢で参加することが望まれているでしょう。本章では、合宿免許に参加するにあたって、実体験を交えながら特に注意するべき点を列挙していきますので、参考にしてみてください。