合宿免許の選び方 ①

旅行の予約サイトなどと全く同じで、基本的には人気がある入校日の値段は驚くほど高くなってしまう場合もあるようです。そのため、まずはインターネットサイトなどで入校の日程を確認して、どの日ならば安く入れるのかどうかを事前に確認しておく必要があります。特に、夏休みなどの学生が長期休暇となる期間では予約が埋まりやすく、手頃な時期の入校予約を早めにとられてしまう可能性もあることには留意しておく必要があると言えそうです。そもそも、合宿免許は大学生などの比較的時間に余裕を持っている人が通う傾向が強いため、夏や冬などの長期休暇の期間に混んでしまうのは致し方ないことなのかもしれませんね。合宿免許に参加するにあたって、具体的な手順としては、まず何人で行くのかを決めましょう。友達を誘っていく場合、人数が多いと割引を受けられたりすることもあるようです。しかし結局のところ、一人でも大人数でも同じ環境下で頑張ることになるので、運転免許を取得するという共通の目的意識を持ちやすく、親しい友達を作りやすいのも合宿免許の魅力の一つと言えそうです。続いて、先ほど冒頭でも述べた通りに入校日を決めることになるわけですが、決めるのが早いほど割引を受けられたりすることもあるので、早め早めの予約がおすすめです。しかし、検定を実施している曜日はすでにあらかじめ決まっているため、入校日の自由はあったとしても、卒業予定の日が最短よりも少し長くなってしまう可能性があるのです。もしも卒業検定をパスできずに合宿期間が延長するなどということになってしまうと、更に期間が延びてしまいかねませんので、あらかじめリスクを想定して申し込むことがおすすめでしょう。