合宿免許は通学教習と比べて簡単?part①

投稿者:

インターネットの口コミサイトなどで、非常によく言われることですが「合宿免許は実は通学教習をして取るタイプの免許センターよりも難易度が優しい」「実は基準にそれぞれ差がついてしまっているのではないか?」「合宿免許は通学教習よりも実習の道路の幅が明らかに広かった」などということが、しばしば言われているようですが、そもそも法律的に運転免許に関する基準は一緒でなくては全くおかしいはずですから、そのようなことは「ありえない」と言い切ってもいいのではないでしょうか?確かに、2週間で卒業できる可能性もある合宿免許は、その期間などだけを見れば、一見すると簡単に免許を取ることができると思われがちですが、これは大きな間違いであると言わざるを得ません。通学して免許を取るパターンと同じように、十分な知識を短期間で身につける必要があり、それと同時期に安全な運転技術を感覚的なレベルまでに身につけるまでは卒業できないということを肝に銘じておきましょう。それでも、実は合宿免許の卒業率は 9割近くに達することもあるようで、安易な安心感の材料となってしまっている感は否めませんね。しかし、視点を変えて、教習所を一般的な経済の現場としてみるならば、長い間卒業できない人がいてしまうこと=人が溜まってしまう、ということにつながるため、合宿免許所の運営が滞ってしまうことにも繋がります。実際にこのようなことが頻繁に起きてしまえば合宿免許状を安心して継続することはできなくなってしまうために、教習所の教官や運営する側の深層心理としては、もしかすると、早く卒業してほしいという気持ちが働いている可能性はないわけではないとも言えそうですね。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です