駐停車の注意点

投稿者:

駐車と停車の違いをご存知でしょうか。駐車とは車を継続的に停止すること、若しくは運転手が車から離れてしまった状態を意味します。前者であれば、運転手の有無は関係ありません。一方、停車とは人の乗り降り、5分以内の荷物の積み下ろしを指します。駐車や停車は禁止されている場所があるため、気を付けなければなりません。但し、赤信号による一時停止や警察官の指示による停止、危険回避のための停止は認められています。駐停車が違法に行われると、交通事故を惹き起こしかねませんし、混雑の原因にもなり得ます。特に緊急車両の通行を妨げるような駐停車は人命を奪ってしまいます。運転手は自身の社会的責務を自覚して駐停車する場所を選ぶようにしましょう。

駐停車が禁止されている場所を具体的に挙げることにしましょう。坂の頂上付近、トンネル、曲がり角の付近、「駐停車禁止」の標識・標示がある場所、踏切付近、交差点付近、バスの停留所付近、安全地帯付近、横断歩道付近等がそれに当たります。また停車は認められているものの、駐車は禁止されている場所もあります。具体的には、消火栓付近、車庫の出入り口付近、火災報知器付近、道路工事区域付近等がそれに当たります。ところで駐停車禁止区域であっても、特別に認められている場所には「駐車可」「停車可」を意味する標識が設置されていますから、その指示に従います。

駐車は原則として、右側に3.5メートル以上の余地、つまり他の車が通れる幅を作らなければなりません。但し荷物の積み下ろしをすぐに済ませられる場合や、負傷者の救護といった特別な場合は、例外的に狭い幅の箇所に止めることが出来ます。

今回は駐停車についてをお話しましたがいかがでしたでしょうか。

こうした駐停車についても教習所や合宿免許で学ぶことが出来るので、ご安心ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です