踏切の通過

投稿者:

踏切を通過する際は様々な点に注意を払う必要があります。まず踏切に入ってはいけないケースを頭に入れておきましょう。警報機が既に鳴り始めている場合や、遮断機が降り始めている場合は、踏切に進入してはいけません。また、踏切の向こう側が混雑している時、無理に進入すると踏切内から出られないこともあります。そのような場合も、進入すべきではありません。次に、通過時の注意点をご説明しましょう。踏切内でエンストするわけにはいきませんから、進入時はギアを低速にします。進入スピードは変速せず、一気に通過することが大切です。また、中央寄りを通行することも大切です。踏切はレールの一部に当たりますから、端に近いところを通行すると落輪する恐れがあります。そして、歩行者、自転車、対向車の動きに注意するようにしましょう。踏切が長時間閉められた直後の通過時は混雑することも多く、誤って接触することもあります。

万一踏切内で故障して移動できなくなった時は、焦らずに行動します。乗客や同乗者がいれば速やかに避難させ、緊急時の通報ボタンを押すなどした後、出来る限り車を踏切外に出すように努めます。バスであれば車掌が乗務していることもありますから、その場合は車掌の指示に従って通過するようにします。特に警報装置の無い踏切では自分勝手な運転をしてはなりません。

教習所や合宿免許では踏切を想定した運転の練習をすることもあります。

事故を起こさないように教習所や合宿免許でしっかり学びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です