カーブの曲がり方とポイント

投稿者:

カーブの場合には、カーブが始まる少し手前からハンドルを切っていくことがポイントだという風に言えるのではないかと考えられます。この時にも、ハンドルを忙しく慌てて動かすのではなく、速さを一定にした状態で、回していくことが、ポイントであり、焦らず、落ち着いて、手順を、踏んでいくことが、何よりのコツであると言えるでしょう。上り坂のような、坂道の場合には、どれくらいのスピードで登っていくのかということはもちろんのこと、傾斜がどれくらいあるのか、ということをあらかじめ確認しておくことがポイントの一つであるでしょう。エンストばかりを気にしてしまい、クラッチを大きく踏み込んでしまったりしないように、注意しなければならないという風にも言えますし、急な坂の場合には、ギアをローに入れなければならない必要もあるので、注意しなければならないことが多いのが、急な上り坂であるというふうに言えるでしょう。多少の上り坂であればセカンドの状態で行っても十分に登り切れる場合もありますし、臨機応変に対応することがポイントであるというふうに言えるでしょう。坂道の傾斜が予測できない場合にはあらかじめ坂を上る前からギアをローに落とした状態で加速することで減速チェンジをして思い切りアクセルを踏んで登っていくことが、ポイントであるというふうに言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です