路上と学科の違いについて

投稿者:

実際に免許を取った人の意見を聞いてみると路上教習と教習所内の教習のどちらが大変だったかという質問をしてみると、ほとんどの人が実は教習所内での教習の方が大変だったというように答える場合が多いというふうに聞いたことがあるような気がします。路上に出て教習を行う際には、既に一通りの基本をマスターして自分自身で考えながら運転することができるため、余裕をもって取り組むことができることから、興味を持って取り組むことができたという風に感じている人が多いようにも感じますが、教習所内での教習の場合には、指導教官の言う事に従って時には叱られながら覚えていく過程が嫌や苦痛に感じられる人が多いのかもしれませんね。実際のところ教習所内では、実技的な教習だけではなく学科教習と呼ばれるペーパーを用いた教習も行われるため、運転に関する知識を体で覚えるだけではなく、頭できちんと記憶する必要があるという点も注意が必要だというふうに言えるでしょう。実際に、路上教習に出る際には全ての標識や注意点などがきちんと反射的に行動に起こせるくらいに暗記されて消化されてることが重要だという風に言えそうです。このようにしておかなければ、実際に瞬間的な決断を迫られる場面が路上教習でさえも行ってくるかもしれません、そのような場合に、十分な判断を下せないままでは大きな事故などを招きかねない、ということを覚えておく必要があるのではないかと考えられるわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です