免許センター(運転免許試験場)とは

投稿者:

運転免許センター(運転免許試験場)はどんな施設なのか、普段利用しない人にはあまりぴんとこないかもしれません。運転免許センターは、運転免許に関するさまざまな手続き、業務を行っている施設と言えます。それぞれの都道府県に1箇所以上設置されており、主に主要都市に建っている傾向にあります。名前に関しては、運転免許センター、交通安全センター、免許センターなど呼ばれ方には種類があります。主な業務内容としては、「運転免許の試験を実施する」「運転免許証の交付」「運転の適正相談(免許取得に関する相談)」「免許更新・停止処分・取消処分、といった人たちへの講習」などです。場所によっては運転免許試験のためのコースを開放している場所もあるそうです。試験場によって規模もさまざまですので、自分が利用することになった場合には、何を行っているのかを事前に調べておきましょう。はじめて運転免許センターに行くという場合、ほとんどの人は免許証を取得するタイミング、次に免許を更新するタイミングになるでしょう。試験場で受ける試験は、自動車学校(教習所)を卒業しているかどうかでも内容が変わってきますので、確認しておきましょう。次に運転免許を更新するときですが、これも多くの場合は「初回更新者講習」になるでしょう。これは免許を取得してからはじめて更新をする人に向けた講習です。この二回の後は、優良運転者講習、一般運転者講習、違反者運転講習など人によって内容が変わってきます。場所や内容によっては、免許センターに行かなくても指定されている警察署などで手続きができるという場合もあるそうです。自分の地域を確認しながら、行きやすい場所を選択しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です