運転免許を取得するために

投稿者:

合宿免許などに友人らとグループ参加しても、検定では個人での運転技術が試されます。友人らと一緒に合宿免許などに参加される学生さんは、運転技術の上手い下手をお互いに競うのではなく、いかに「安全」な運転技術が教習所で身に付けられるのかを検定されているという意識を持たなくてはならないでしょう。時として試験官との相性が悪く、そのような気持ちが検定の際の運転に表れてしまうような学生さんもいらっしゃるようですが、試験官も人間であり、試験官を毛嫌いするような気持のこもったドライビングを、試験官自身が良い運転とは感じていないであろう事を念頭に置いておきましょう。試験官に媚びるような運転をするような必要はありませんが、毛嫌いするような素振りでの運転は、自分の為にはならない事を理解しておく必要があります。一生、試験官を隣に乗せて運転する訳ではないのですから、検定の際にはとにかく「安全」な運転を行う事に集中しましょう。万が一、不合格となってしまっいても、気持ちを整理する為に時間を置くのではなく、ドライビングの感覚が残っているうちに、ミスを再確認しながら次の検定の合格に活かしていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です